FC2ブログ

4歳男児は皆テロリスト⁉️

日記
06 /11 2019
我が家の銃刀法違反😅 ↓の通り。



なぜこんなに刀、銃が好きなのでしょう? これだけ所持していても、新しいデザインの武器を見つけると欲しくてたまらない息子。
手裏剣の類いも所持しております。
「男の子はお人形じゃなくて刀で遊ぶんだよ」などとおしえた覚えはないが、ナチュラルに男子が好むアイテムを選ぶ。
狩猟時代の本能かしら。
車、虫、恐竜、電車、仮面ライダー、スーパー戦隊、男の子が好きなジャンルは様々あるけど、なんといってもうちの子は武器(公園に落ちている長めの棒でも可)だわ。
めっちゃ笑顔で銃口向けられるとちょっと怖いんですけど(-""-;)
将来テロリストになったらどうしようなどと、半ば本気で心配したりして・・・
友人に言うと「そんなわけないやろっ」と一蹴された。
だよな。
息子の健全で健やかな成長を望む(^_^;)

PS-カタツムリはジャムの瓶から脱走しました。急いで買った百均の飼育箱だけが空のまま残りました。
スポンサーサイト



久しぶりの胸キュン体験(#^.^#)

日記
06 /09 2019
今日は土曜出勤。土曜日はいつも出勤人数が少なく、なんとなく緩やかな空気で仕事できる。3時休憩が終わり、パソコンの前に座ると、いつも穏やかな職員さんが、電話口でなにやらご立腹している様子。席が遠くあまりよく聞こえなかったのだけど、断片的に聞こえてくる話を私なりに解釈すると、おそらく電話相手は東京の上司。現場のことをろくに知りもせず、無茶ぶりしてきたことに腹をたてたのではないかと思われる。お客様に対して不自由を強いているにも関わらず、内部の人間に便宜を図るというような主旨に激昂した様子(あくまでも私の想像。および希望的観測)。
普段はおとなしく冷静で、立場の違う我々業者に対しても横柄な態度をとらない人で、お客様との電話対応の様子などからも、人の良さがにじみ出ており、私としては好印象を持っていた。
見た目は残念ながらイケメンとは言いがたく、年齢は40代中盤から後半ぐらい、細身で小柄、神経質そうな銀縁眼鏡の男性。机を殴るほど怒りをあらわにしていたかと思えば、最終的には「取り乱してしまってすいません」と電話の相手に謝罪し、いつもの穏やかな口調になって電話を切っていた。
電話を切ったあと、まわりの同僚たちに「まったく東京のやつらは好き勝手いいやがって」的な愚痴を言うこともなく、スッと仕事に戻ったところがこれまたスマートだった。
利用者のために上司にたてつく姿。本当の男気って感じがして、いやマジ痺れたわ。ギャップ萌え❤️
今後も彼の言動に注意して、仕事の励みにしよ( *´艸)

今さらのボヘミアンラプソディー

日記
04 /02 2019
子供と6日間の短い春休みを満喫中。下の子も最近ドラえもんを熱心に観ているし、初めてドラえもんの映画に連れていってみようかと、上映スケジュールを調べたところ、ボヘミアンラプソディーがふと目に留まった。そうか、まだやってたんやなー、なんて思ったら、もう観たくてたまらなくなってしまった。子供を楽しませるどころか、子供を実家に預け、一人でハッスルしてきちゃった(*≧∀≦*)
一人で映画に行くなんて、何年ぶりなんやろう。ワクワク。と思いきや、腰痛を患う身に2時間座りっぱなしはちょっと不安。さらにパニック障害懸念もあるので、暗所閉所に耐えられるかも心配。でも、これは絶対映画館で観るべき映画なのだ❗
オープニングからテンション上がったぁ。ライヴエイドのステージにまさに上がらんとする後ろ姿。ゾクゾクした。フレディを演じた人(名前忘れた)が本人そっくりと言われているけど、長髪時代はエアロのスティーブンタイラーにも似てるぞ。そもそもフレディとスティーブンが似てるしな。ロジャーやブライアンもそっくりやん。ブライアンなんて本人なんじゃないの⁉
フレディ以外はあまり知らなかったけど、クイーンって一人一人が個性的でインテリなんやね。フレディのワンマンバンドではなく、お互いをリスペクトしてたんやなあ。
90年代にエイズで亡くなることはみんな知っているだけに、映画が進むにつれ、フレディの死が近づいてくることが切なかった。それよりも、孤独で満たされない想いを抱きながらもがき続けるフレディが痛々しく、胸に迫った。彼は幸せだったんだろうか。
答えは最後のライブエイドに集約されているような気がした。こりゃライブエイドの映像を観なくてはならんな。サントラも買わねば💨

礼服は嘘をつかない。突きつけられた現実

日記
03 /16 2019
やべえ。まじやべえ。えらいヤングな言い方をしてしもたけど、それぐらいヤバイ‼
もう太りすぎだって! 2年間ぐらいで7キロほど太った私。今までゆるゆるだったジーパンがキツくなるなど、体重だけでなく体型の変化も実感していた。
とはいえ普段着はなに着ててもええやん。着心地のいいフワッとしたもん着てたらええやん。
しかし礼服はなぁ。替えがきかん。
来週の土曜日に娘の卒園式を迎え、嫌な予感がしつつ袖を通してみたところ、ジャケットはギリ大丈夫。ボタンはしまらんかったが。
問題はボトムやな。ぱっくりチャックが開いたっきり閉まらない。これ、普通にはけてたよぁ。
そうか、私はこんなに遠いところまできてしまったんやなぁ。
そして私は発起した。あと1週間。されど1週間。
ダイエットや。ぱっくり空いたチャックを閉めることは無理だろうが、つきつけられ現実に抵抗してみようと思う。
まず、私がたてた作戦。

乳酸菌サプリを飲む
1時間ウォーキング
1食置き換え
もち麦ご飯
プチ断食

さてさて結果はいかに⁉️
1週間後を乞うご期待。

PS-ぱっくりチャックの代替品は手配済み

人は変わらない。でも、前進はできるやろ。

日記
02 /13 2019
突然だが、ウチの夫はかつて自傷行為をしていた。大学を卒業してからこれといった仕事もせず、親戚のコネでかつて私が在籍していた職場に入ってきた。こだわりの強さや、独特間合いに閉口することはあったが、真面目に作業をする姿勢には好感が持てた。だが、何か彼の中でダメモードスイッチが入ると、なかなか浮上できず、まわりの人に迷惑をかけ、円滑に仕事ができなくなることもあった。教育係りだった私は、最初こそ根気よくよりそって励ましたりもしていたが、いつまでたっても同じことを繰り返す彼に愛想を尽かし距離を取るようになった。距離をとるどころか、最終的には忌み嫌い、視界の端にさえヤツの姿を確認したくなかった。これほどまでに強い感情で、誰かを避けたいと思ったのは初めてだったかもしれない。
少し前ぐらいから私は彼が自傷していることには気づいており、その行為がまた私を苛立たせた。
私が見放したことが原因かどうかはわからないが、彼があまりにも長い間浮上できず、なりふり構わずまわりに迷惑をかけ続けるので、いよいよ上司がイザワをクビにしたほうがいいのではないかと言い出した。その旨上司から打診された時も、私はイザワ(かつては私もそう呼んでいたのだ💦)のクビに異論はなかった。
ちょうどその頃、私の担当部署で別プロジェクトの仕事が発足し、人材不足からイザワが担当することににってしまった。不本意ながらまた近くでイザワを見かけるようになり、作業のアドバイスなどをしなければならない状態ですらあった。
やむを得ず再度イザワと向き合わなければならなくなった私は、びっしりと刻まれた自傷跡が気になるようになり、ある日自傷行為について調べてみた。そして私は愕然とした。自傷行為について何の知識もなく、単純に自傷行為=自殺未遂のようなものだと思っていた。死ぬ気もないくせにただ同情を買いたいだけで自傷しているのだと。
ちがった!全然ちがった!!自傷とは、生きるための行為だったのだ。痛みを感じなければ、癒せないほどの心の傷があったってことなんだ!私はそれまでイザワに対して、威嚇するハリネズミみたいにおったてていた針がパラパラ落ちていった。それと同時に申し訳ない気持ちで一杯になった。きっと私の心ない言葉でついた傷があったかもしれない。
その頃から我々の関係性は変化し、なんと最終的には結婚まですることになるのだから、つくづく人生ってなにが起こるかわからない。好きの反対は嫌いではなく、無関心である、などと言われるが、まさしくその通り。悪い意味でも悪い意味でも(悪いばっかりやないかいっ!)、まぁ、いい意味でも、これほどまでに私の感情を揺さぶる人は、これまでの人生でいなかった。
今なぜ私がこんな話を書いているかというと、また当時を彷彿させる状態にあるからだ。人って簡単には変わらない。10年前はもしかしたら私はイザワを変えることができるかもしれないなんて、おこがましく考えていたが、どれだけ時間をかけても、どれだけ愛情をもって接しても、本質は変わらない。変わらない変わらない。
そうだ、私は相当の覚悟を決めて、イザワと結婚したんだった。ここまで書いたら、少し落ち着いた。またイザワと向き合う気になれた。いまや私だってイザワなのだ。そしてイザワは夫なのだ。

イザワ優吉

ブログ初心者の優吉が、プロブロガー(!?)を目指して、私が実践した婚活や出産、子育てに関する情報を発信したいと思っています。
略歴はこんな感じです↓

大阪生まれ、大阪育ち。いろんな仕事を転々としつつ、現在は京都南部に在住。図書館でパートタイマーとして働きながら、5才長女と3才長男の子育て、さらに子供よりも取り扱い注意の10歳年下の夫育て真っ最中です(;^ω^)