FC2ブログ

日曜の朝、愛情まぜまぜ手作りピザ♪

日記
02 /25 2018
日曜日の朝、パンもないご飯もない、ホットケーキミックスもない、朝ごはんにできるものがなにもなかった。
そこで、わずか残っていたホットケーキミックス50gに小麦粉を足して、その他もろもろをビニール袋の中に入れ、もみもみもみもみ…
ささっとピザを作ったステキな母、優吉✨

こんなにおいしそうにできたのに、お子達は食べず、父とコンビニにパンを買いに行った😅
また家出すっぞぉ!と思ったけれど、帰ってきてから、自分達で買ってきたカニパンと一緒に食べてくれました。あ~、よかった。
ま、おいしいとは言ってくれなかったけどね( TДT)

ちなみに、即興で作ったピザのレシピ♪(COOKPADで調べたものですが)

・ホットケーキミックス 50g
・小麦粉 100g
・塩 1g
・オリーブオイル 15g
・水 60g

以上をビニール袋の中でもみもみ。クッキングシートの上に伸ばして、その上に具材を並べて、250度のオーブンで10~15分焼けば出来上がり(^.^)
強力粉もベーキングパウダーもいらないのですぐに作れるよ。

PSー記事をアップした後に確認したら、ピザの写真、あんまりおいしそうじゃなかった( ̄□ ̄;)!!
  ちなみに、タブレットにアプリをダウンロードしたので、写真をアップできるようになりました❗ 
スポンサーサイト



ブログを始めたものの、理想と現実のギャップ

日記
02 /21 2018
今日も息子は泣きながら保育所行った。「お休みしたい」「おうちがいい」「おかあちゃんがいい」いろんな言葉で訴えていたが、お休みの夢叶わず保育所へ連れていかれた。実のところ今日は仕事が休み。私としてはお休みさせてあげたい気持ちもあるのだが、あまり度々休ませていたら、大して仕事していないことがバレる💦地域によってちがいがあるのかもしれないが、うちの子たちが通う保育所の条件は、月15日以上仕事していること。私の場合、月12、13日程度の勤務なので、微妙に足りない。希望すれば、もう少し出勤日数を増やすことが可能なのだが、単純にしんどいので、出勤を増やしたくはない。
そこで考えたのが、自宅でサイドビジネスできないかなぁと。そのサイドビジネスこそが、このブログ!Googleアドセンスやら、アフィリエイトやらで、いくらか収益を出せば、自宅でも数日仕事しているので、会社への出勤日数は多少少なくても大丈夫かな~と考えたわけで(^^; でも、今のところGoogleアドセンスに申請さえしていないし、アフィリエイトもはっていないし、1円も生み出していない。そもそも、やり方がわからない(/--)/
「ブログ 初心者 アフィリエイト」とかいろいろ検索してみると、やたらワードプレスなるものでブログ製作するのがよいと指南されていたので、やってみたが、すんげー難しいの。まずサーバーを借りてワードプレスをダウンロードして、と指南通りに作成したものの、その先がわからない。そもそもそんなに本格的じゃなくてもいいのよ。ということで、ワードプレスはあえなく断念。再びなんやかんや検索して出会ったのが、このfc2ブログの有料プランでGoogleアドセンスを取得できたというブログ。その方のブログをちょくちょく拝見しているのだけど、しっかり記事を書いてちゃんと見やすく作成しておられるにも関わらず、アドセンスの成果はなかなかキビシイ結果のよう。私のようなこんなブログじゃ全然ダメ。パソコンでなくタブレットから更新というところからして無謀なのかも。
全然理想通りの形がつくれていない。記事の内容ももっと子育てに役立つ情報を発信したいのに、なんとなく記事を書き始めると最終的には想定外の場所に着地している。すべて私の力不足… こんなのですがもうしばらくお付き合いください(^_^;) そのうち役に立つ情報が登場するかもしれません。こじれにこじれた娘のおむつ外しとか、なんとなく育てにくいと感じる敏感すぎる子供のこととか、授乳と卒乳とか、長女を帝王切開で出産した後、長男を経膣分娩した話とか、ボチボチ書いていきたいと思っております。

甘やかしと甘えさせと依存と自立

育児
02 /16 2018
3才の息子が保育所を毎日拒否している。12月ぐらいから嫌がることが増えてきていたのだけど、年明けてからは少し持ち直し泣かずに行ってくれるようになった。でも2月になってからは、ほぼ毎日泣きながら行っている。
何がそんなに嫌なのか、まだ3才だもの明確に伝えることができない。数日前絞り出すように「お昼寝が嫌!」と言うので、先生に相談してみたところ、お昼寝は静かにお布団に入り、すぐに眠っているとのことだった。先生によると、お昼寝に入る前の着替えが苦手で、うまく着替えられず泣き出すことがあるらしい。そこで私ハッとしたのだけど、家では私か夫がお着替えさせているので、息子には自分で着替えるという習慣がない。食事にしても、始めは自分で食べているが、最終的には私が口に運んであげている。でも、保育所ではご飯は最後まで自分で食べないといけないし、お着替えも全部自分でやらないといけない。先生も少しぐらいフォローはしてくれるだろうが、一人にかかりきりになれないし、ほったらかしにされることがあるにちがいない。
普段仕事の日は忙しいので、子供の行動を待ってあげられず、なんでも私がやっていたけど、それが子供の主体性や自立の芽をつんでいたのかもしれない・・・保育所でがんばっているぶん、家ではついつい望み通り何でもやってあげていた。それって、甘やかしだったのかもなぁ。
テレビの「すくすく子育て」では、子供が望むことをやってあげることが甘えさせで、望んでいないことを先回りしてやってしまうことが甘やかしだと言っていたような気がする。
なんしか息子が身の回りのことを保育所で円滑にできず、劣等感のようなものを感じているのかもしれない。そう言えば、懇談でも「自分に自信がない様子で不安になることが多い」と言われていた。4月からは今までの乳児クラスから幼児クラスになる。もっともっと自分でやらないといけないことが出てくるにちがいない。今からでも息子が自分に自信を持って行動できるように、少しずつサポートしていかないと!
ここ数日はなんでもやり過ぎていた自分に反省し、息子が着脱しやすい服を選び、お着替えを見守っている。「お~、出来たね、かっこいい!」などとおだてつつ(#^.^#) 保育所用のパジャマもお着替えすることにテンションが上がるよう、キュウレンジャーのDX光るパジャマを買った。これは私の趣味かな(^^;
息子が保育所に通い始めてまもなく2年になる。いろんな行事や参観で、保育所生活を垣間見ることができるが、息子が楽しそうに活動する姿を見たことがない。家や身内の前では常に楽しそうに笑っている子なのに。
下の子だし、いつまでも幼くて、ついつい猫っ可愛がりしていまっていたけど、少しずつ自立も促さないといけない時期なのかもしれないなぁ。母ちゃんはちょいと寂しいが・・・
親と一緒じゃなくても、息子が自分に自信が持てて、楽しく過ごせるようになれますうに。そして自分のことが好きになれますように。

楽しすぎる💓ひらパーウィンターカーニバル&キュウレンジャーショー

おでかけ
02 /14 2018
連休の中日にひらパーに行ってきたよ♪かねてから夫と娘がスケートをしたいと言っていたこともあるし、その日はなんとキュウレンジャーのソングライブショーとヒーローショーがあるというので、家族全員嬉々として行ってまいりました。
ちなみにひらパーの入場券やパスポートはJAFカードやPiTaPaカードを持っていれば20%offになるらしいのだけど、どちらも持っていない私は、なんとか他に安く購入する方法はないかと、必死のパッチで探してみた。執念で見つけました!誰でも簡単に安く買う方法。JTBのレジャーチケットというサイトで、行きたいテーマパークなどを検索すると、施設や入場券の種類が出てくるので、自分の欲しい種類のチケットの番号をメモっておく。後はコンビニの発券機でJTBレジャーチケットを選び、番号を入力して、コンビニでお金を払うだけ。クレジットカードでのお支払もできたよ。なんてありがたい。ただし、できるところとできないところがあるので、要注意。ひらパーのチケットはセブンイレブンはできなかったけど、サークルKではできた。わざわざ現地でチケット購入のために並ばなくてもよかったし、大人は200円、子供は100円offになったし、なかなかありがたかった。今後もこのサイトは使えそう♪
気合い十分で開演の10時少し前に到着し、駐車場もわりといい場所に停められた。しかしまぁ、けっこうな人だかりで、開園とほぼ同時に入ったにも関わらずウィンターカーニバル会場は子供でいっぱい。そそ、ウィンターカーニバルというのは、スケートリンクや雪遊び広場、巨大スライダーなど、冬ならではの遊びが楽しめるイベント。この辺りじゃ雪が積もることはまずないから、お子達はシャリシャリのかき氷みたいや雪でも十分テンション上がって楽しんでいた。そんなこんなしてるうちにショーの時間が近づいてきたので、いったんウィンターカーニバル会場を後にしてイベント会場へ。30分前に到着したが、席はほとんど埋まっており、端のほうにしか座れなかった。センターのいい席を占めているのは、ほとんどが大人でいわゆる戦隊ファンの大きいお友だちばかり。いざ、始まると、センターの皆さんはコンサートさながらに多いに盛り上がっていた。
第一部はソングライブショーということで、実際にキュウレンジャーのオープニングやエンディング、挿入歌を歌っている
歌手の皆さんが登場。途中、キュウレンジャーも出演し、歌ったり踊ったりの楽しいステージだった。私もキュウレンジャーの曲がめっちゃ好きなので、一緒にスゲー歌ってきた(^^; 拳を振り上げたり、掛け合いがあたり、ロックコンサートみたいな盛り上がりで、大人も子供も楽しめたと思う。最近はすっかり遠ざかっているロックコンサートの熱くたぎる想いを彷彿させられた。なんしかチョー楽しかった❗
こういうショーは通路側をGETしないといかんな。演者の皆さんが通路を通って、客席まで来てくれるので、通路側だと握手したり頭をなでなでしてもらえる。よし、次は通路側を陣取ろう。
ショーの後は再度ウィンターカーニバル会場へ戻り、夫と娘はスケートへ、私と息子は巨大スライダーへ。息子はあまり乗り気ではなかったが、どうしても私がやってみたかったので息子に付き合ってもらった。1回滑るのに、30分ぐらい待った。32メートルのコースをゴムボートに乗って、息子と二人のりで滑った。一瞬だったけど、おもしろかった!行列がなければ、何回も乗りたかったな。
スケートに興じる二人を残し、おかん息子チームは二度目のキュウレンジャーショーへ。今回はいわゆるヒーローショーということもあるからか、前回以上に客席がいっぱい。娘はこういうヒーローショーに悪者が出てくると、本気で怖がる。なので、2回目は観たくないとのこと。5歳ってまだウソものでも怖いのね~。まだまだカワイイ。息子はすべてを見逃すまいとステージを食い入るように観ていた。「サソリオレンジどこ?どこ?」と必死だった。これまたカワイイ(^.^)
今回のショーでは歌のお兄さんが悪者に捕まり、キュウレンジャーも劣勢でハラハラしたが、ホウオウソルジャーの活躍により、宇宙は再び平和を取り戻し、最後はみんなでキュウタマダンシングで大円段を迎えた。またまた、あ~楽しかった。
ショーの後、スケートチームと合流し、遅めのお昼ごはんを済ませ、帰るつもりだったが、娘がもっとスケートするというので、再再度ウィンターカーニバル会場へ。会場へは何度でも再入場できて、スケート靴も、一度返しても追加代金なしで、また借りられる。やむを得ず、おかんチームはまたまたスライダーへ。おかんの希望に付き合わされる3歳児。スライダーは楽しいが、待ち時間が長すぎるので、結局のところコスパ的にはどうだろう?雪遊びとかしたほうが息子には有意義で楽しかっただろうか。
何はともあれ、夫と娘は念願のスケート、おかんと息子は我々的大ブーム中のキュウレンジャーが満喫できて、一同大満足の休日となった。

「あたしおかあさんだから」という曲について思うこと

育児
02 /08 2018
だいすけお兄さんが歌う、あたしおかあさんだからという曲について、批判が殺到しているというので、どんな歌かYouTubeで聴いてみた。なるほど、そういうことか。曲の出来以前に、子供とママ世代に人気の絵本作家ののぶみとだいすけお兄さんにタッグを組ませ、この曲で感動させたろ、泣かせたろ、という背後の大人たちの思惑がミエミエでなんか嫌だ。
お母さんになったから、爪をのばさないとか、ヒールのない靴を履くとか、好きなおかずをあげるとか、そういう部分が自己犠牲で恩着せがましいということらしいが、これって全部普通にお母さんあるあるやん!別に我慢してやっているわけではなくて、自然にそうなるというか、自分のことよりも子供のことが大切って当然のことのような気がするのだけど。
子供のためだけど、子供が喜ぶと自分が嬉しいから、結局は自分のためにやっていると私は感じている。ネイルなんてしなくても着飾っていなくても、子供は100%の力でお母さんのことを愛してくれる。だからネイルも新しい服も欲しいと思わない。我慢を強いられることもあるけど、それよりも子供が与えてくれる幸せのほうが計り知れない。そういうことをこの歌は伝えたかったんだろうけど、確かにあまりうまく伝わってこなかったかも(^^;
爪伸ばしても、公園に連れてけば、爪の間に砂が入るし、オムツ換えたら、うんちが入ることもあるし( ̄□ ̄;)!!好きなおかずはあげても、子供に内緒でこっそりチョコレートは頬張る。お母さんって、なんかそんな感じ(^.^)

おかん家出中

日記
02 /04 2018
私は現在家出をしてきております。数日前からの小さなイライラが募り募って、とうとう溢れだしてしまった。ささいなことが積み重なって、最後の一滴で爆発するというのは、私にはよくあること。だってしょうがないじゃん、お母ちゃんだって人間だもの。とは思うが、子供の心にはどんな影響を及ぼすのだろう。
今回の私にとっての最後の一滴は、お昼ごはんに作ったお好み焼きを子供が「いらない」と言ったことだった。そんなことで家出してくることはないとは思うが、そこに至るまでにいろんな伏線があって、もうなんもかんも嫌になってしまった。「もうお母ちゃんは何も作らない!ご飯にふりかけだけかけて食べとき」と激昂した。こういうとき、空気を読める下の息子は、テーブルの上に置かれた昨夜の残りののり巻きをニコニコ笑いながら食べ始めた。娘はただただ泣きながら、テレビ観たいー、と訴えていた。なんだこの空気の読めなさは。なぜ今テレビの話が出てくるねん!
そもそも午前中に家族みんなで買い物に行き、そこで私がキュウレンジャーふりかけを買った時点で嫌な予感はしていた。家には残りご飯がまったくなかったので、お昼はキュウレンジャーふりかけでご飯食べるって言われたら困るなぁとは思ったが、案の定子供はそろって「ふりかけごはん!」と言い出した。しかも、お米は昨日実家からもらってきたばかりで、精米しておらず、すぐ炊ける状態ではなかった。そのことを説明して「だから今日だけはお好み焼き食べて」と説得したが、二人ともキュウレンジャーふりかけごはん状態で、まるで聞く耳を持ってくれなかった。
数日前から体調不良を訴えて寝てばかりの夫にも腹がったったし、嫌な予感がしながらもふりかけを買った自分にも腹が立った。キュウレンジャーふりかけ買ったら喜んでくれるかなぁと思ったのに・・・喜ぶどころか、子供は泣き叫ぶし、おかんは激昂するし、ただただ阿鼻叫喚の光景になってしまった。
米びつのなかの生米をかき集め、お米をといで、なんとか炊飯した。そして、最初のお母ちゃんは何も作らない発言をして、家を出てきた。子供たちはふりかけご飯を食べたのだろうか。夫はどんな風に立ち回っているのだろうか。息子は「お母ちゃーん、どこ~?」と泣いていないだろうか。娘は相変わらずテレビを観ているのだろうか。
まだまだ気持ちは落ち着かないが、そろそろ帰るとしよ。こんなざわついたメンタルでも、マクドのカフェオレとプレミアム三角チョコパイはおいしかった。

大詰め!キュウレンジャー

日記
02 /03 2018
今まで戦隊もののテレビは子供たちにあまり観せていなかったのだけど、娘のクラスの男の子たちの間で評判となっているようで、テレビ好きの娘が観始めることになった。そうすると、意味がわかっているのかわかっていないのか、3才の息子も夢中になって観ている。そもそもテレビ好きの夫も一緒になって観ている。日曜の朝、何かと忙しい私は観ていなかったのだけど、先週何気なく手を止めてみてみると、感動でうっすら泣きそうになった。きっとずっと続けて観てたら、あれ、泣くな。友情とか愛とか信頼とか感謝とか慈しみとか、大切なものがぎっしり詰まっている。
 ざっくりとした内容は、宇宙を征服しようとしている悪者から、宇宙を取り戻すため、選ばれしいろんな星の戦士が協力して悪者に立ち向かうというもの。それぞれの戦士がチャラかったり、いい加減だったり、運任せだったり、キャラクターが際立っていておもしろい。ゴレンジャー世代の私としては、お笑い担当は黄色じゃない!?という新鮮な感覚。
 またテーマソングがかっこいい!テンション上がる❗エンディングのラッキー池田氏振り付けのゆるーいダンスもまたいいのよ。
 明日はいよいよ最終回。キュウレンジャーロスになりそう( TДT)

イザワ優吉

ブログ初心者の優吉が、プロブロガー(!?)を目指して、私が実践した婚活や出産、子育てに関する情報を発信したいと思っています。
略歴はこんな感じです↓

大阪生まれ、大阪育ち。いろんな仕事を転々としつつ、現在は京都南部に在住。図書館でパートタイマーとして働きながら、5才長女と3才長男の子育て、さらに子供よりも取り扱い注意の10歳年下の夫育て真っ最中です(;^ω^)